TOPと同じ内容をブログにも載せてみる仕様です。

July 28, 2018

|ポップ・スタイル

TOPにある「教室長からのひとこと」というコーナー。

 

もしかして読んでらっしゃらない方もおられるかも・・・!ということでブログにも掲載いたします。

ブログを書きたくないからではありませんよ(;^ω^)

本当ならこのブログも毎日更新してしかるべきなのですが、実際セミナーや出張が続いていてとても毎日は難しい。

 

でも、基本文章を書くのは大好きなので苦にはなりません( `ー´)ノ

 

そして以下、TOPからの転載

 

_____________

 

暑いですね。

 

いつもありがとうございます。今回の話題は「illustrator」についてです。

 

最近お申し込みで多いのは「会社で外注先のデザイナーとのやり取りで悩んでいるので、自分でもできるように勉強したい…」というもの。
例えばちょっとした修正を頼むのにいちいち外注先に修正箇所を伝えて、確認して~という流れで半日くらい過ぎてしまう。自分でできたらあっという間なのに!(´;ω;`)ウッ… そして、何ができて何ができないかが分からないからどう頼めばいいのか分からない…「デザイナーさんの良い感じにしてもらえたら」と言うとデザイナー側からしたら「そんな無責任な!」ってなる(笑)

確かに使い方を分かっていないのに指示を出すというのは難しいですね。

そして自分でできたら5分のことも、外注先の都合などを鑑みるとどうしても時間がかかるのは仕方ないことです。

 

最近お聞きした話ではillustratorを使える人が社内に一人しかいないからその人がお休みの日に仕事が滞ってしまう、そしてもっと驚いたのはillustratorを使える人が70過ぎで、いつ何があるか分からないというブラックなものもありました(;´・ω・)


​illustratorの操作スキルは、ダイレクトに役立つスキルと言えます。

なぜならばWordやExcelのように誰でも使えるスキルではないから。

デザイナーになりたいわけではない、ちょっとしたものが作れるようになりたい。

そういった方々にぴったりのコースが当スクールにはあります。

ぜひご活用ください。


TEL:096-242-8120


​受講の流れはこちらからご確認ください。→【受講の流れ】

 

____________

 

以上、TOPに掲載している文章でした。

 

illustratorの講座をやるようになってから、少しずつ私が描いていたイメージ図に近づいてきました。

元々illustratorやPhotoshopを教えるからと言って、デザイナーを生み出したいと思っていたわけではないんです。

どちらかというと、デザイナーを助ける存在を生み出したかった。

デザイナーってとても辛い立場なので(笑)

ここら辺の意味はデザインを生業にしている方々にはよ~~~く分かるのではないでしょうか。

 

illustratorを使ったことがない人が「こうしてほしいああしてほしい」って言うのは本当はかなりナンセンスなことです。

それを分かっていただきたい。

演技をしたことがない監督が俳優にあーだこーだ言うようなものです。

例えが適切かは自信ないです・・・。

 

 

これからも

一企業に一名のイラレが使える人を作る!

これをモットーに続けていきます。

 

会社員の方はぜひ、会社に掛け合ってみてくださいね。

もしかして会社の経費でべんきょうできるかもしれません。

実際、そういう方も通われています。

 

自分のスキルを上げるには自分が動かなければ!ね。

 

という訳で、暑い日が続いておりますががんばって乗り切りましょう。

 

教室長の田中洋美でしたm(__)m

 

画像は受講中の最年少14歳と教室のマスコット猫のキキ

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

9月は人をやる気にさせる?

September 23, 2019

1/10
Please reload

最新記事